脱炭素経営実践に向けた手法「Fit to Standard」とは(前編)

  • 印刷
  • 共有

企業の気候変動対応においてはTCFDがスタンダード化しつつあり、社会が企業に求める脱炭素経営のベースアクションとしての要求項目もある程度定まりつつある。脱炭素経営を実践するためには、IT分野のERP導入などで取り入れられている「Fit to Standardアプローチ」が有効ではないかと考えている。ここでは、同アプローチの有効性などについて解説する。

33903
画像はイメージです

すべての企業が脱炭素経営に向けた道筋を認識できているわけではない

2015年のSDGsやパリ協定以降、サステナビリティ対応は企業経営の重要なアジェンダのひとつとなっている。特に、気候変動においては、2017年の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)最終提言以降、国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)や米国証券取引委員会(SEC)、欧州企業サステナビリティ報告指令(CSRD)、日本のコーポレートガバナンス改定などの企業への情報開示要請に関するさまざまな動きがある。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報