業務スーパー創業者、全国で地熱発電を展開 発展のカギは「FC方式」

  • 印刷
  • 共有

全国1000店舗を展開する「業務スーパー」創業者が、国内の豊かな地熱資源を生かした純国産再エネの開発にチャレンジする。後れをとる地熱開発に必要なのはスピード感とし、パッケージ型発電設備やフランチャイズ方式を導入。開発期間の短縮、コスト削減で全国展開を目指す。

豊富な地熱資源を活用しない現状に危機感

世界有数の火山国である日本は、米国・インドネシアに次ぐ世界第3位(2437万kW)の豊かな地熱資源に恵まれているにも拘わらず、地熱発電量は世界第10位とほとんど活用していない。2030年エネルギーミックスにおいて導入目標を150万kWと設定したが、23年3月時点の導入量は僅か70万kWと目標達成に程遠い。

こうした日本の地熱発電の現状に対し、危機感をもち異業種から地熱発電事業に乗り出したのが「町おこしエネルギー」の沼田 昭二社長だ。同氏は「業務スーパー」を全国に約1000店舗フランチャイズ(FC)展開する神戸物産の創業者である。2016年には事業を長男に引継ぎ、自己資金を元手に地域活性とクリーンエネルギーの融合を目指す町おこしエネルギーを設立した。

熊本県阿蘇・小国町で開発中の地熱発電プロジェクト。温水を活用させ、ハウスでの野菜栽培、オニテナガエビ、ヤマトシジミなどの養殖事業も試みる
熊本県阿蘇・小国町で開発中の地熱発電プロジェクト。温水を活用させ、ハウスでの野菜栽培やオニテナガエビ・ヤマトシジミなどの養殖事業も試みる

2024年3月、阿蘇・小国町で稼働開始

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事