カーボンプライシング基礎講座

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
kbo20210317-2

グローバルで導入が進み、国内でも議論がすすむ『カーボンプライシング』とは?
全体構造の基本を理解し、事業のヒントに!

『気候変動対策』『パリ協定』『SDGs』『ESG』『RE100』・・・ 世界が脱炭素社会へ急速に転換しているなか、この『カーボンプライシング』の導入の議論が国内でも活発になってきています。

カーボンプライシングとは、二酸化炭素(CO2)など地球温暖化につながる温暖化ガスの排出量に価格を付ける仕組です。企業や消費者に対して排出量に応じた金額負担を求めることを通じて、排出量が多いほど支払う対価も高くなり、排出抑制の動機づけとなり、CO2の排出削減を促す施策です。 例としては、『排出量取引』や『炭素税』などが施策としてあげられます。

欧州をはじめ、中国、韓国、東南アジアなどでも導入されており、グローバル化が進んでいます。 また、この動きは国・政策だけの話ではなく、企業側にも影響が出ています。 CDP質問書、TCFDなど気候変動への要請にどうように応えるかが企業経営の指針の一つとなってきています。

本セミナーでは、
・『カーボンプライシング』とは、そもそもどのようなものか
・国内の状況と海外の状況
・TCFDとカーボンプライシングの関係
など カーボンプライシングの仕組みの基本や捉え方などを解説します。

定員に達したため、申込を締め切りました。

このような方におすすめです

  • 経営企画・事業戦略を立案する立場の方。
  • 新たなビジネス機会を模索している方。
  • IR、財務など業務知識向上として活用されたい方。

プログラム

◇カーボンプライシングが求められる背景

◇仕組み、種類、構造を理解する

◇国内動向と今後の炭素税価格の動向予測

◇海外の代表的な事例とリスクとチャンス

◇企業における外部インパクトとは?

◇質疑応答

◇まとめ

  • 途中休憩あり。
  • 内容が一部変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

オンラインセミナー 注意点

【視聴について】

  • ・本講義はオンライン配信にて実施をいたします。
  • インターネット回線が安定した環境下で、PCでご受講できる環境をご用意ください。

【受講上のご案内】

  • ・講義はテレビ会議ツール(Zoom)での配信となります。
  • ・ご利用には事前にZoomをインストールをお願い致します。
  • ・受講用URL、受講方法はセミナー事務局より3日前を目安にお送りさせていただきます。
  • ※ご案内メールがシステムの都合届かない場合がございます。2日前までに届いていない場合はセミナー事務局までお問い合わせください。

【受講上の注意点】

  • ・原則 LIVE配信となりますのでご注意ください。

  • ・領収書はマイページよりダウンロードすることができます。

  • ・本講義の講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
  • 上記が確認された際は、弊社のサービスの利用停止と、法的措置をとらせていただく可能性があります。

講師

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
Associate Director | CG&E unit  サステナビリティストラテジー
丹羽 弘善 氏

山本英夫 氏

製造業向けコンサルティング、環境ベンチャー、商社との排出権取引に関するジョイントベンチャーの立ち上げ、取締役を経て現職。 東京大学大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻。気候変動関連のシステム工学・金融工学を専門とし、政策提言、排出量取引スキームの構築、インターナルカーボンライシング実装の支援、環境経営コンサルティング業務に従事している。

関係執筆他 日経ESG 2019年2月 TCFDを経営に生かす 寄稿 IGES 2019年2月19日 EU日本 気候変動政策シンポジウム―パリ協定長期戦略を具体化するシナリオ分析の在り方とその活用方法を考える― 講演

定員に達したため、申込を締め切りました。

日時 03/17(水)
15:00~17:00
場所 オンライン開催
主催 株式会社日本ビジネス出版 環境ビジネス編集企画部
共催
定員 80名
お問い合わせ先
株式会社 日本ビジネス出版
TEL: 03-5287-8600 (受付時間 9:00~18:00※)
Mail:seminar@kankyo-business.jp
※9:00~18:00(土・日曜日、祝日を除く)
価格 一般会員価格:13200円

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報