3時間で解読する環境基本計画 (期間限定オンデマンド配信)

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
title20200609

全112ページ 環境政策の基本を学び、大きな流れを把握する。
今後の政策を先読みする視点を身につけ、新たな事業機会のヒントに。

環境基本計画とは政府全体の環境保全施策の総合的かる計画的な推進を図るために、長期的な施策の大綱などを定めているものです。

環境業界に関わる方にとって大きな指針となる計画書を抑えておくことは基本の一つです。この基本を理解することで、中長期ビジョン策定や市場動向の把握など戦略に活かすことや、営業の切り口や新サービスのヒントにすることが可能です。

この計画は約6年ごとに見直しされており2018年4月に第5次環境基本計画が閣議決定されました。

第5次環境基本計画では、6つの重点戦略(経済・国土・地域・暮らし・技術・国際)を設定し、分野横断的な指針になっています。

photo024377-1
出典:環境省


パートナーシップを重要視し、『地域循環共生圏』がキーワードとして上げられます。

『環境』を取り巻く状況は、経済成長に伴う公害、生物多様性、京都議定書、気候変動など時代とともに変化していきます。

2015年 温暖化対策に関する新たな国際的な枠組みパリ協定以降、持続可能な社会に向けた潮流は加速しており、世界は「脱炭素化」に向けて動き出しました。
SDGsやESG投資が広まってる中に、『環境・経済・社会』の総合的向上が求められる時代への転換期になっています。
企業にとって『環境』を事業に組み込むことは必須項目になってきています。

  • ・環境政策が果たすべき役割
  • ・現状の課題
  • ・重点戦略として何をやっていくのか
  • ・今後の環境政策の展開と基本的な考え方

これらはこの計画書に記載されています。

本セミナーでは、環境基本計画の考え方を把握し、今までの環境政策の流れと全112ページからなる第5次環境基本計画の方針やポイントを抑え、今後の潮流、展望も含めに3時間で解説します。

セミナーに申し込む

申込締切:3月22日(月)

このような方におすすめです

  • 環境政策の基本的な部分を押さえておきたい。
  • 新たなビジネス機会、事業戦略の参考にしたい。
  • 社員教育の一環として活用したい。
  • なかなか読む機会、時間が取れない。
  • エンドユーザーに直接説明する場面が増えた。
  • 異業種から環境関連事業を検討していて業界を俯瞰的に見たい。

過去受講者の声

  • 環境政策を体系的に理解でき、その中で自社の事業の位置づけを理解できた。
  • 自社の活用にどように地域循環共生圏につなげていくかポイントが明確になった。
  • 細かい解説をそえての説明があり、普段読まないものを一気に読めた。
  • 計画の大元にある基本法の構造や法制定の背景を理解できた。
  • 進めている新規事業に活用できそうだ。
  • 自社のサービスと関連付けて、事業開発していきたい。

プログラム

配信期間:3月25日(木)~4月1日(木)

◇「環境」を取り巻く環境の変化

◇「環境問題」と「企業経営」

◇ 環境基本計画の位置づけ

◇ 環境基本計画の位置づけ

◇ 環境基本計画のポイント

  • ・環境・経済・社会の状況と環境政策の展開の方向
  • ・環境政策の具体的な展開

◇ 環境基本計画のポイント

  • ・計画の効果的実施
  • ・環境保全施策の体系

※内容が一部変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

申込締切:2021年3月22日(月)
テキスト配布、視聴方法はご入金確認後、後日(開催2日程前)セミナー事務局よりご連絡いたします。

※本講義の講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
上記が確認された際は、弊社のサービスの利用停止と、法的措置をとらせていただく可能性があります。

講師

株式会社日本総合研究所
リサーチ・コンサルティング部門 ディレクタ/プリンシパル
段野 孝一郎 氏

段野 孝一郎氏

京都大学大学院工学研究科博士前期課程修了(工学修士)
2007年に株式会社日本総合研究所に入社。
環境・エネルギー、資源・水ビジネス、情報通信・ICT分野のクライアント企業に対して、技術戦略およびマーケティング戦略の視点から、事業戦略策定、新規事業開発、事業化支援等のコンサルティングを提供している。
2015年度より、ディレクタとして環境・エネルギー・資源戦略グループを統括。

セミナーに申し込む

申込締切:3月22日(月)

日時 03/25(木) ~ 04/01(木)
場所 オンライン開催
主催 株式会社日本ビジネス出版 環境ビジネス編集企画部
共催
お問い合わせ先
株式会社 日本ビジネス出版
TEL: 03-5287-8600 (受付時間 9:00~18:00※)
Mail:seminar@kankyo-business.jp
※9:00~18:00(土・日曜日、祝日を除く)
価格 一般会員価格:13200円

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報