専門人材で進む新規事業 脱炭素SaaS 編

  • 印刷
  • 共有
tsOGi9tQ1hlnAR6btFiTzKah1mVp8DQnZIJ1g0Fl
脱炭素SaaS事業は大企業から中小企業まで、CO2排出量の可視化やサプライチェーン全体での脱炭素化など、事業規模関係なく、自社の環境経営を進めていくうえでニーズが高まっており、多くの企業・自治体が関心を寄せています。また、この領域でのスタートアップは上記に連動して大きな注目を集めています。

本セミナーでは投資家・ベンチャーキャピタルに評価される事業スキームを持つ成長企業が、どのような採用戦略を持つのか、キャリアコンサルタントが経営者に直接お伺いします。

今回はシリーズAラウンドにて総額12億円の大型資金調達を成功させた、日本における代表的な気候テックスタートアップの1社であるbooost technologies株式会社 代表取締役社長の青井 宏憲 氏にお話を伺います。

このような方におすすめです

  • 脱炭素、再エネ事業の責任者で、人材戦略に課題がある方。
  • 脱炭素、再エネ事業の人事、採用担当者。
  • キャリア採用、新卒採用で優秀な人材を獲得したい方。
  • 既存人材が活躍するための制度設計、企業文化構築に関心のある方。
  • 申込締め切りは7月5日(火) 18:00になります。
  • 応募者多数の場合は予定前に締切ます。あらかじめご了承ください。

講師

booost technologies株式会社 代表取締役社長
青井 宏憲 氏

booost technologies株式会社 代表取締役社長 青井 宏憲 氏

2010年に東証一部コンサルティング会社に入社し、スマートエネルギービジネスチームのリーダーを経て、2015年4月にクライメート(気候)テックカンパニーbooost technologies株式会社を設立。
スマートエネルギー全般のコンサルティング経験が豊富で、脱炭素化のためのソリューションとして、創エネ、省エネ、エネマネにも精通。2021年9月にはCO2排出量可視化・脱炭素化クラウド『ENERGY X GREEN(エナジー エックス グリーン)』の提供を開始。
CO2の可視化から、脱炭素計画の策定、予実管理、オフセット、レポート作成までをワンストップで支援し、脱炭素化を加速させ、カーボンフリーな未来の実現を目指す。2022年1月にシリーズAで12億円の資金調達を実施。

日時 07/06(水)
18:00~19:00
場所 オンライン(Zoom開催)
主催 株式会社日本ビジネス出版 環境ビジネス編集企画部
定員 50名
お問い合わせ先
環境ビジネスキャリア
〒169-0072
東京都新宿区大久保3-8-2
住友不動産新宿ガーデンタワー 13F
TEL:03-5287-8602
価格 0円

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報