> > NEDOなど、レアアースフリーのガラス研磨技術を開発

NEDOなど、レアアースフリーのガラス研磨技術を開発

記事を保存

NEDOは「希少金属代替材料開発プロジェクト」の一環として、立命館大学、アドマテックス、クリスタル光学、九重電気のグループが、レアアース(希土類)である酸化セリウムを使わない新たな研磨技術の開発に成功したと発表した。

研磨材は研磨において機械的除去作用を行う硬質な粒子で、酸化セリウムは、液晶テレビ等のガラス基板の研磨材として使用されている。新たに開発した研磨技術の一つは、酸化セリウム砥粒の代わりに、金属の酸化物粉を入れた酸化ジルコニウム砥粒を用いたもの。仕上がりの品質は維持したまま、ガラスを平滑化する時間が従来の2/3にできることを確認した。

もう一つの技術は、酸化セリウム砥粒の代わりに、金属塩を加えた酸化ジルコニウム砥粒を用いたもの。同じ研磨時間で、より平滑性に優れた仕上がりになることを確認した。これら技術により、セリウムフリーでの研磨が可能となった。

今回の成果となる研磨技術は、本年4月からグループのアドバイザーとなっている企業での評価に移り、早期の上市をめざす。また、本研磨の原理は、ガラス研磨時のラッピング(前処理の粗研磨)や、ガラス以外の研磨対象基板に対しても効果が期待されるため、今後の検討課題としていく。

レアメタル・レアアース等の希少金属は、日本の成長を支える産業にとって必要不可欠な材料だが、特定産出国への依存度が高く、その供給リスクが経済成長の懸念要因となっている。そのため、NEDOでは、この対策の一環として2007年度から、インジウム、ジスプロシウム、タングステン、2009年度からは白金族、セリウム、テルビウム・ユーロビウムの使用量低減技術および代替材料開発を委託事業として実施している。この研究では、研磨を砥粒、メディア粒子、工具、プロセス技術の4要素に分けた開発を行うことにより酸化セリウム砥粒の使用量低減、代替材料の開発を目指している。今回の成果も、本研究の一環で得られたもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.