> > 東京電力、節電で割引、中小企業向け今夏の割引プランを発表

東京電力、節電で割引、中小企業向け今夏の割引プランを発表

記事を保存

今回発表した料金メニューは、「デマンドダイエットプラン」「サマーホリデープラン」「ウィークリープラン」の3つ。契約電力が500kW未満で、最大需要電力にもとづき契約電力を決定している顧客が対象。中小企業や中規模の工場、スーパーなど対象となる。

「デマンドダイエットプラン」は、2012年夏(7月分~9月分)の各月の最大需要電力(最大デマンド)が契約電力を下回った場合、下回った分の電力に応じて、電気料金を割り引くメニュー。顧客は節電により、契約電力を減少させるとともに、基本料金の低額にもつなげることができる。本プランは申し込みは不要で、対象となるすべての顧客を対象に実施するが、以下のプランは申込手続きが必要となる。

「サマーホリデープラン」は、夏季において、土・日曜日、祝日の休業日を平日に変更するなど、平日に新たな休業日を計画的に設定する場合、休業による電力の削減について電気料金を割引するメニュー。割引期間は7月12日~9月5日(土・日曜日、祝日およびお盆期間(8月13日~17日)を除く)。

「ウィークリープラン」は、電気の使用がピークの時間帯(夏季の平日午後1時~4時)に、週単位でさらに一定規模以上の電力の削減が可能な場合、削減実績(kW)に応じて電気料金を割引するメニュー。

例えば、モデルケースの契約電力166kWのめっき工場では、値上げ後の年間電気料金は約813万円となるが、「デマンドダイエットプラン」と「サマーホリデープラン(5日)」の活用により、年間約38万円電気料金が安くなり、値上げを約37%緩和できると試算している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.