ソフトバンク、メガソーラー事業第1弾を発表 京都、群馬、徳島で12.2MW

  • 印刷
  • 共有

ソフトバンクグループで太陽光発電事業を展開するSBエナジーは、京都、群馬、徳島において、計12.2MWのメガソーラー(大規模太陽光)発電所を建設すると発表した。同社は、全国に複数拠点、合計200MW以上のメガソーラー建設を目指しているが、具体的な建設計画が発表されたのは初めて。

京都市の案件では、京都市水垂埋立処分場におけるメガソーラー発電所設置事業者の公募案件で、同社が発電事業者に決定した。本事業では、出力規模約2.1MWのメガソーラー発電所を2基(合計約4.2MW)建設する。発電所建設の設計・調達・建設を担うEPCとして、京セラグループの京セラソーラーコーポレーションと施工業者の京セラコミュニケーションシステムが参画する。本年4月中にメガソーラー発電所建設を開始し、第1基については、再生可能エネルギーの全量買取制度が開始される7月1日に、第2基については9月1日の稼動を目指す。本事業による年間予測発電量は約420万kWhで、一般家庭約1000世帯分の年間電力消費量に相当する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報