> > ソフトバンク、メガソーラー事業第1弾を発表 京都、群馬、徳島で12.2MW

ソフトバンク、メガソーラー事業第1弾を発表 京都、群馬、徳島で12.2MW

記事を保存

ソフトバンクグループで太陽光発電事業を展開するSBエナジーは、京都、群馬、徳島において、計12.2MWのメガソーラー(大規模太陽光)発電所を建設すると発表した。同社は、全国に複数拠点、合計200MW以上のメガソーラー建設を目指しているが、具体的な建設計画が発表されたのは初めて。

京都市の案件では、京都市水垂埋立処分場におけるメガソーラー発電所設置事業者の公募案件で、同社が発電事業者に決定した。本事業では、出力規模約2.1MWのメガソーラー発電所を2基(合計約4.2MW)建設する。発電所建設の設計・調達・建設を担うEPCとして、京セラグループの京セラソーラーコーポレーションと施工業者の京セラコミュニケーションシステムが参画する。本年4月中にメガソーラー発電所建設を開始し、第1基については、再生可能エネルギーの全量買取制度が開始される7月1日に、第2基については9月1日の稼動を目指す。本事業による年間予測発電量は約420万kWhで、一般家庭約1000世帯分の年間電力消費量に相当する。

群馬県の案件では、北群馬郡榛東村において建設用地を選定し、メガソーラー発電所の建設について榛東村と合意した。出力規模は約2.4MW。EPCのシャープ、土木関連施工を行う佐藤建設工業(群馬県渋川市)の協力のもと、榛東村と連携し、本年4月中に施工を開始し、7月1日の運転開始を目指す。本事業による年間予測発電量は約268万kWhで、一般家庭約640世帯分の年間電力消費量に相当する。

徳島県では、空港臨空地区、赤石地区におけるメガソーラー発電所設置事業者の公募案件において、発電事業者に決定した。同社は、徳島空港臨空用地において出力規模約2.8MW、敷地面積33209平方メートル、徳島小松島港赤石地区において出力規模約2.8MW、敷地面積35000平方メートルのメガソーラー発電所を建設する。今後、発電所建設の設計・調達・建設を担うEPCを選定し、早期の運転開始を目指す計画だ。

※関連記事
・ソフトバンク、全国に200MWの太陽光発電所設置へ 「自然エネルギー協議会」第2回総会開催
・ソフトバンク、北海道実証施設で太陽光パネル10社の発電状況をリアルタイム公開
・都道府県別 メガソーラー候補地・公募・取り組み状況

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.