> > CIS薄膜太陽電池サブモジュールの変換効率で世界最高記録更新

CIS薄膜太陽電池サブモジュールの変換効率で世界最高記録更新

記事を保存

ソーラーフロンティアは、独立行政法人エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究を受けて、30cm角CIS薄膜太陽電池のサブモジュールの開口部面積におけるエネルギー変換効率17.8%を達成し、同社の2011年3月の世界最高記録17.2%を更新した。

今回の記録を達成したサブモジュールは、厚木リサーチセンターで生産された。その工程は商業生産を行っている国富工場とほとんど変わらず、同じ技術を商業生産技術に適用することが容易であるという。

世界最大規模でCIS薄膜太陽電池を生産している同社の国富工場では、現在、出力164Wのチャンピオンモジュール(開口部面積の変換効率14.5%、モジュール変換効率13.38%)の生産に成功している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.