> > ソーラーフロンティア、米大手NRGソーラー社にCIS薄膜太陽電池を供給

ソーラーフロンティア、米大手NRGソーラー社にCIS薄膜太陽電池を供給

記事を保存

ソーラーフロンティアは、米国最大級の太陽光発電プロジェクトのディベロッパーであるNRGソーラー社と13.2メガワットのソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池の供給契約を締結したことを発表した。同契約は2011年12月に締結され、世界最大級の生産能力を誇る宮崎県の国富工場から出荷されたモジュールは2012年2月末までにNRGソーラー社に引き渡される予定。

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は、設置後の発電量が規格に比べて上昇する光照射効果を期待できることや、低い温度係数により高温下でも高い発電性能を発揮することから、実際の発電環境下において優れた実発電量を得られることで知られている。また、少ない原材料およびエネルギーで生産できることから、生産時に使用したエネルギーを回収するまでに必要な期間を示すエネルギー・ペイバック・タイムが短く、環境に優しいことも特長。

今回、ソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池を購入したNRGソーラー社は、米国最大級の太陽光発電所を複数所有・運営している。米国南西部に開発中・建設中の案件を含めて2000MW以上の太陽光発電プロジェクトに携わり、北米において太陽光発電システムの普及に貢献すると同時に、再生可能エネルギーに関する最先端の技術を推進してきた。

NRGソーラー社が、今回の契約で初めてCIS薄膜太陽電池を購入したことは、今後大規模太陽光発電プロジェクトなどでCIS技術を継続的に導入する可能性を示したものといえ、ソーラーフロンティアにとっては長期の大型顧客を獲得したことになる。

なお、NRGソーラー社の親会社であるNRGエネジー社は、計25ギガワットを超える米国最大級の発電能力と多様な発電ポートフォリオを有する米国企業であり、米フォーチュン誌による全米総収入ランキング上位500社に数えられているほか、米スタンダード・アンド・プアーズ社による米国の代表的な500銘柄にも選定されている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.