> > 国内最大の太陽光実証設備、「Fソーラーリサーチパーク」竣工 国内外16社モジュール検証

国内最大の太陽光実証設備、「Fソーラーリサーチパーク」竣工 国内外16社モジュール検証

記事を保存

NTTファシリティーズは、山梨県北杜市で建設を進めていた太陽光発電実証サイト「Fソーラーリサーチパーク」が2月10日に竣工したと発表した。2011年度は、日本、韓国、中国、インド、台湾のメーカーの最新モジュール16種類導入し、全体(約7000m2)で233kWの設備を構築して評価・検証を行う。

本サイトは、太陽光発電事業において企画、構築、運用等を一括して担うシステムインテグレータを目指す同社が、山梨県北杜市の協力を得て、北杜サイト太陽光発電所に隣接する約4万m2の敷地内に構築したもの。経年変化のデータも得るため、長期間の運用・評価を予定している。また、技術・進歩に合わせて、最新の太陽電池を追加導入し、最終的には2MW級とする計画だ。

具体的には、本サイトでは、1.モジュール評価エリア、2.架台検証エリア、3.設計技術検証エリアに分けて設備を構築し、各種技術の評価・検証を行う。1.モジュール評価エリアでは、太陽電池の各種特性(発電特性、劣化特性等)を実環境下で運用・評価する。2.架台検証エリアでは、軟弱地盤にも対応可能な不同沈下対策架台や、発電量の増加が期待できる手動式傾斜角可変架台などを開発し、検証・評価を行う。3.設計技術検証エリアでは、太陽光発電システムの設計・運用に関する検証・評価を行う。太陽電池・パワーコンディショナのマッチングによる発電特性への影響、不具合の早期発見と復旧対応、不具合発生時の発電特性など、システムの構築・運用において基盤となるノウハウを蓄積する。

同社は、本サイトについて、北杜サイト太陽光発電所とともに、太陽光発電システムの最先端のノウハウを蓄積する世界的な実証サイトとしてのポジションを目指す考えだ。北杜サイト太陽光発電所は、NEDOの委託事業「大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究」を行ったサイトで、北杜市とNTTファシリティーズがNEDOの委託を受け、2MW級の太陽光発電システムを構築した。平成18~22年度の5カ年の実証研究終了後にNEDOから北杜市へ施設譲渡された。北杜市営の太陽光発電所として平成23年4月から開所している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.