> > 経産省、北海道でCO2を地層に貯留する実証試験の事業者を公募

経産省、北海道でCO2を地層に貯留する実証試験の事業者を公募

記事を保存

経済産業省は、2020年(平成32年)の二酸化炭素回収・貯留(CCS)の実用化に向けて、北海道苫小牧地点において実証試験を実施すると発表した。平成24年度から設計、建設等に着手するために、事業者の公募を開始する。

公募対象は民間企業等で、事業内容は、平成24年度から平成27年度にかけて、CCSの実用化に資する実証試験に必要な設備の設計、建設等を実施するもの。公募期間は2月8日から3月15日まで。

CCS(CarbondioxideCaptureandStorage)は、発電所や工場等の大規模排出源から分離・回収したCO2を地層に貯留する技術。地球温暖化対策の重要な選択肢のひとつとして、世界的に期待されており、欧米諸国を中心に、商業レベル、研究レベルの具体的なプロジェクトが進行している。日本でも、CCSの早期実用化に向けて実証試験を行うために、平成20年度から国内の候補地点における地質調査等を進めてきた。

今回実証実験を実施する苫小牧地点は、その候補地のひとつで、平成23年6月に調査が終了し、外部有識者による検討会を得て、平成23年12月末に評価結果等が公表されている。本評価結果等を踏まえて、本事業の実施を決定した。

なお、本事業は平成24年度以降に実施される事業であるため、平成24年度予算の成立以前においては、委託予定者を決定するもので、平24年度予算の成立までは内容が変更される場合があるとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.