> > 西松建設、玉川大学と提携、冷却式LEDを採用した植物工場を建設

西松建設、玉川大学と提携、冷却式LEDを採用した植物工場を建設

記事を保存

今回の植物水耕栽培システムで使用する「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」は、玉川大学農学部の渡邊博之教授が開発に成功したもので、今までにないLEDチップの冷却方式の採用により、植物栽培光源として10年以上の出力の維持、それに伴うコストの削減を実現させた。現在特許出願中だ。

玉川大学校内に建設する植物工場「TNProduce-PlantFactory-」(TN:TAMAGAWA-NISHIMATSU)は、太陽光発電システムを備えた地上2階建(延床面積:約900平米)で、リーフレタスやハーブ類の日産3900株を可能にする構造規模を有する。1月に着工し、同年9月に完成予定で、10月にリーフレタスの日産600株システムの稼働から開始し、2年後(平成26年9月頃予定)の第2段階では、生産設備を増設し、レタス以外の作物も生産可能な日産3900株システムを稼働させる予定。

本施設ではLEDのみを主光源とすることで、植物の種類に応じ、生育に最適な波長の光環境設定を行う。加えて「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」の採用によるLED環境の安定化により、消費者ニーズに対応した高付加価値な作物を省エネで効率的かつ計画的な生産することを目的としている。これを収益構造の柱として、収益性における課題の解消を図る。

本研究・開発の実施に向けて、西松建設と玉川大学は、1月17日、「産学連携に関する協定書」を締結した。「食の安心・安全」に対する消費者ニーズに応える新たな農業ビジネスモデルを構築し、東日本大震災における被災地の産業復興策として、また農業を中心とした地域活性策として、企業のビジネスノウハウと大学の研究成果による産学事業の創出を目指す。

「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」は、LEDチップをアルミの基盤に接着することで、LEDチップを強力に冷却し、フルパワーで10年以上使用しても植物栽培光源として充分な出力を保つことを可能にしたモデル。このモデルの使用により、LED点灯時の発熱に起因した、LEDチップの劣化とそれに伴う出力低下が回避できるため、LEDを高出力で連続点灯でき、更にLEDの交換コストを大幅に軽減することができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.