> > 芝浦グループHD、熊本県に第二弾となるメガソーラーを建設

芝浦グループHD、熊本県に第二弾となるメガソーラーを建設

記事を保存

芝浦グループホールディングス(北九州市)は、熊本県玉名郡南関町においてメガソーラー(大規模太陽光発電)事業を実施すると発表した。同町にあるホテル「セキアヒルズ」の駐車場(約6ha)を買収し、出力3.3MWのメガソーラーを建設する。総事業費は9億円。3月に着工し7月の稼働を目指す。

芝浦グループHDは、1日、本メガソーラー事業について、セキアヒルズと契約を行うとともに、南関町と立地協定を結んだ。7月に太陽光、風力など再生可能エネルギーで発電した電気を買い取ることを義務付けた再生エネルギー特別措置法が施行される予定。本事業では、同法に基づいて、発電した電力の全量をすべて九州電力に売電する。

芝浦グループHDは、太陽光発電付き賃貸・分譲マンション、メガソーラーの開発などを手掛ける。同社では、メガソーラープロジェクトの第一弾として、福岡県嘉麻市にも出力2MWのメガソーラー「九州ソーラーファーム1嘉麻発電所」を建設している。同メガソーラーでは、約7300m2の敷地に、約7600枚の太陽光パネルを施設し、2000kWの発電量を見込んでいる。太陽光パネルは、グループ会社のニューガイアエナジーが供給する。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.