> > 日産、国内での自動車輸送用に太陽電池初搭載の省エネ船を導入

日産、国内での自動車輸送用に太陽電池初搭載の省エネ船を導入

 印刷 記事を保存

日産自動車は、新たに導入する完成車および部品海上輸送用の省エネ型自動車運搬船「日王丸」をマスコミに公開した。本船では、内航船舶で初採用となる太陽光発電パネル、電子制御ディーゼル船舶エンジン、全艙内及び居住区へのLED照明、最新の低摩擦抵抗塗料や省エネ装置を採用した。これにより、従来の同型船舶と比較すると、年間最大約1400トンの燃料節減に相当する、約4200トンのCO2排出量の削減を見込む。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.