> > 北米日産など、EV用リチウムイオンバッテリー二次利用の事業化検討を開始

北米日産など、EV用リチウムイオンバッテリー二次利用の事業化検討を開始

記事を保存

北米日産は、ABB、フォーアールエナジー、米国住友商事と、米国市場における「日産リーフ」のリチウムイオンバッテリー二次利用の事業化検討に関して、パートナーシップ契約を締結したことを発表した。

今後4社は共同で、電気自動車(EV)用として使用後のバッテリーの二次利用による、商業・産業用蓄電システムやバックアップ電源について、市場ニーズの調査やビジネスモデルの検討、試作システム開発や技術評価、実証試験並びに事業性の評価などを実施し、事業化に向けた検討を開始する。

EV用リチウムイオンバッテリーは、パソコンや携帯電話用小型リチウムイオンバッテリーより寿命が長く、自動車用として使用した後も、家庭用のエネルギー貯蔵やスマートコミュニティでのエネルギーマネジメントシステムなど、定置型バッテリーとして二次利用できる。

今回評価を行う蓄電システムは、使用量の少ない時間帯に電力を貯蔵し、需要の多い時間帯にはグリッドに戻すことにより、効果的な電力需要・供給調整を可能にするもので、停電・節電時のバックアップ電源として利用することも可能。

効率が良く信頼性の高い蓄電システムは、米国スマートグリッド分野における主要な構成要素として、また風力発電や太陽光発電による再生可能エネルギー導入の鍵としても、期待されている。

北米日産は、今回、米国の送電・配電事業分野でトップシェアを誇るABBとパートナーシップを結ぶことにより、スマートグリッドにおけるコスト競争力のある蓄電システムの可能性を検討していきたい考えだ。

なお、フォーアールエナジーは、日産と住友商事の合弁会社。再生可能エネルギーとEV普及を目的に、EVに使用されたリチウムイオンバッテリーの二次利用に関する事業検討及び実証実験を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.