ソーラーフロンティア、世界最大規模の米メガソーラーへ太陽電池を供給

  • 印刷
  • 共有

ソーラーフロンティアは、米で再生エネ事業を手掛けるエネクスコ社と、米カリフォルニア州に建設される大規模太陽光発電所に、最大で150MWのCIS薄膜太陽電池を供給する契約を締結したと発表した。まず、2011年の第4四半期に、カリフォルニア州カーン郡におけるカタリーナ・ソーラープロジェクトに向けて26MWピーク分の太陽電池を供給した。本発電所が完成するとCI(G)S系太陽電池を搭載したものとしては世界最大、CI(G)S系以外を含めても世界最大級の太陽光発電所となる。

本プロジェクトでは、2段階に分けて、100MWを超える大規模太陽光発電所(メガーソーラー)を建設する。第1段階では2012年末までに約60MWの設備を、第2段階では2013年6月までに残りの設備を稼働させる予定。同発電所で生産される電力は約3万5000世帯分の年間使用量に相当し、毎年およそ7万4000トンの温室効果ガスの排出が削減できると試算されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報