> > ソーラーフロンティア、世界最大規模の米メガソーラーへ太陽電池を供給

ソーラーフロンティア、世界最大規模の米メガソーラーへ太陽電池を供給

記事を保存

ソーラーフロンティアは、米で再生エネ事業を手掛けるエネクスコ社と、米カリフォルニア州に建設される大規模太陽光発電所に、最大で150MWのCIS薄膜太陽電池を供給する契約を締結したと発表した。まず、2011年の第4四半期に、カリフォルニア州カーン郡におけるカタリーナ・ソーラープロジェクトに向けて26MWピーク分の太陽電池を供給した。本発電所が完成するとCI(G)S系太陽電池を搭載したものとしては世界最大、CI(G)S系以外を含めても世界最大級の太陽光発電所となる。

本プロジェクトでは、2段階に分けて、100MWを超える大規模太陽光発電所(メガーソーラー)を建設する。第1段階では2012年末までに約60MWの設備を、第2段階では2013年6月までに残りの設備を稼働させる予定。同発電所で生産される電力は約3万5000世帯分の年間使用量に相当し、毎年およそ7万4000トンの温室効果ガスの排出が削減できると試算されている。

CI(G)S系太陽電池は、銅(Cu)、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、セレン(Se)を原料とした太陽電池。低コストで高い発電量(kWh)を確保できるなどの特徴を持つ。今回の受注では、ソーラーフロンティアのGW規模の生産能力と、CIS薄膜太陽電池の高い発電能力が評価された。

エネクスコ社(enXco)は、EDFエネルジ・ヌーベル(EDFEnergiesNouvelles)の子会社で、米国で再生可能エネルギープロジェクトの開発、建設、所有、運営、管理を行っている。大規模な風力発電プロジェクトの展開で、風力エネルギーの分野では20年にわたってリードし、現在は太陽光技術やバイオマス技術も手掛けている。

ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油の100%子会社の太陽電池メーカーで、独自のCIS薄膜太陽電池の生産・販売を行っている。昨年2月より、世界最大規模となる宮崎県の第3工場での太陽電池の生産を開始し、7月には、既存の工場と合わせて、約1GW(1000MW)のCIS薄膜太陽電池の年産能力を確立している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.