> > 独フォルクスワーゲン、11月に北米市場に投入するHV車を公開

独フォルクスワーゲン、11月に北米市場に投入するHV車を公開

記事を保存

独フォルクスワーゲンは、デトロイトで開催されている北米国際自動車ショーで、「トゥアレグ ハイブリッド」に続いて発売する、2台目のハイブリッドモデル「ジェッタ ハイブリッド」と、ビートルを電動化したコンセプトモデル「Eバグスター」を初公開した。「ジェッタ ハイブリッド」は、2012年11月に、まず米国とカナダで発売を開始する。

「ジェッタ ハイブリッド」は、ハイテクなガソリンエンジン(4気筒1.4TSI)と7速DSG(DirectShiftGearbox)をハイブリッドモデルで初めて採用。駆動システムとして4気筒1.4TSIと電気モーター(20kW)を搭載し、これにより、優れた動力性能(0~100km/h加速は9秒以下)と複合モード約19.1km/lの優れた燃費効率を実現した。これは、従来型の駆動システムを用いた同等のモデルと比べて、約20%の燃料消費量の削減に相当し、とくに市街地走行における燃費を30%も向上させた。さらに、ボタンを押すことで純粋な電気モードで走ることも可能で、車速70km/h以下、距離2kmの範囲内であれば、完全にゼロエミッションで走行することができる。

「Eバグスター」は、85kWの電気モーターで駆動されるビートルのコンセプトモデル。2シーターで、ゼロエミッションで0~100km/hを10.9秒で加速するパワフルさを備えている。心臓部に収まる電気モジュールは、新設計により重量をわずか80kgに抑えた。電気モーターに供給する電力は、リチウムイオンバッテリー(28.3kWh)に蓄えられる。このバッテリーのエネルギー容量は、都市での利用を前提にしており、最低でも180kmの航続距離を確保する。さらに、急速充電の機能も備え、設備の整った充電ステーションに行けば、35分以内で充電を完了することができる。自宅であれば、米国で一般的な120Vの家庭電源(ヨーロッパであれば230V電源)から充電が可能。

「Eバグスター」は、アウディ、BMW、ダイムラー、ポルシェ、フォルクスワーゲンといったドイツの自動車メーカーと、米国のパートナーであるフォード、ゼネラルモーターズ/オペルが協力して新しく開発した「複合充電システム(CombinedChargingSystem)」を採用。これにより、既存のどの方式にも対応して、バッテリーの充電を行うことが可能で、「交流電流による単相充電」「充電ステーションでの超急速直流充電」での充電に対応する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.