> > 旭化成、窒化アルミニウムを用いた紫外発光ダイオード事業参入へ

旭化成、窒化アルミニウムを用いた紫外発光ダイオード事業参入へ

記事を保存

旭化成は、電子部品領域の化合物半導体事業を強化事業のひとつとして位置づけ、これまでホール素子事業をはじめ、磁気抵抗素子、赤外線センサなどを製品化するとともに、新たな技術開発による新事業創出の検討を進めてきた。同事業の一環として、世界最高水準のAlN単結晶成長技術と、これを活かしたUV-LED技術を持つCIS社の一部株式を2010年7月に取得し、AlN単結晶基板の共同開発を実施している。

一方CIS社は、AlN単結晶成長技術をもとに、紫外光の中でも非常に短い波長のUV-LEDにおいて世界最高水準の効率・長寿命を実証し、実用化に向けた検討を進めてきた。

今回は、CIS社の技術と旭化成がエレクトロニクス事業で培った高度な薄膜・デバイス技術を融合することで、化合物半導体事業の拡大につながると判断するとともに、CIS社とUV-LED事業拡大に関しての将来構想が一致したことから、買収の合意に至った。

UV-LEDは、エネルギーが強く、化学反応を活性化させる機能があるのが特徴。紫外光の中でも特に波長の短い紫外光は殺菌効果があり、現在、水銀ランプの殺菌用途をはじめ、紙幣識別用の光源、樹脂硬化用光源、光触媒との組み合わせによる空気清浄器用光源などに利用されている。今後は、小型・軽量、長寿命、省電力などのメリットを活かしたポータブル殺菌機器などへの展開も期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.