> > 経済産業省、蓄電池戦略プロジェクトチームを設置

経済産業省、蓄電池戦略プロジェクトチームを設置

記事を保存

経済産業省は、中長期的な視点を持ちつつ継続的な蓄電池産業戦略を検討する「蓄電池戦略プロジェクトチーム」を設置したことを発表した。これにより同省は、蓄電池を活用した電力需給両面での負荷平準化対策、防災対策、今後の蓄電池市場の創造、産業競争力強化、これらにかかる国際標準化の推進などの政策を戦略的かつ横断的に推進していきたい考えだ。

蓄電池は、スマート・グリッドにおける分散電源、電気自動車などのバッテリー、防災用の非常電源のほか、節電が続く状況における需給両面での負荷平準化用として、市場が急拡大している。今後、さらに市場を広げるためには、エネルギー政策、情報政策、製造産業政策を一体として捉え、新たな市場の創造や産業競争力強化を図っていく必要があると考えられ、この度のプロジェクトチーム設置に至った。

同プロジェクトは、エネルギー政策を担う「資源エネルギー庁」、電池産業政策や情報政策を担う「商務情報政策局」、次世代自動車など蓄電池を活用したアプリケーションにかかる産業政策を担う「製造産業局」などと一体となって実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.