> > 秋田県、熊本県がメガソーラー候補地を公表、各県誘致活動進む

秋田県、熊本県がメガソーラー候補地を公表、各県誘致活動進む

記事を保存

秋田県は、12月27日、自治体等が所有する県内のメガソーラー候補用地を発表した。自治体の大規模太陽光発電(メガソーラー)の建設の動きが活発化している。3.11後の電力需給のひっ迫を受けて、多くの自治体が、災害に強い地域づくりとして、再生可能エネルギーの導入を拡大していく方針を示しているが、平成24年7月から施行される再生可能エネルギーの全量買取制度がその動きに拍車をかける形となっている。

秋田県は、10箇所のメガソーラー候補用地について、敷地面積、貸付・売却の希望、送電線への接続などの情報を公表した。これまでに、熊本県、岩手県、群馬県、栃木県などがメガソーラーの建設候補地の調査を行い、リストとして公表し、企業への誘致を呼びかけている。熊本県は、ホンダソルティックと富士電機システムズの2社のパネルメーカーをはじめ、数多くの太陽光発電関連企業が集積していることもアピール。県内でメガソーラー事業を検討する場合は、県内企業製品等の活用についても進めている。メガソーラーの誘致による、県内の産業振興への期待も大きい。また、栃木県は、建設候補地について、27社から発電事業への参入の応募があったことを明らかにしている。

一方、神奈川県は12月26日に、県有地を活用した2MWのメガソーラーを2013年夏に稼働させる計画を発表しており、県のモデル事業としてメガソーラーの建設を進める考えを示している。

企業との連携で、メガソーラー建設が動きだしている自治体もある。鳥取県は、12月22日に、ソーラーウェイが日南町と共同でメガソーラー発電所の建設を計画したことを受け、鳥取県の立ち会いのもと、両者の協定書の調印式を行うと発表した。本計画は、日南町の2箇所の地点に、0.5~1MW程度(見込)のメガソーラーを建設するもの。平成24年7月の操業を予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.