> > 神奈川県、県有地を活用した2MWメガソーラーを2013年夏稼働

神奈川県、県有地を活用した2MWメガソーラーを2013年夏稼働

記事を保存

神奈川県は、県有地を活用したメガソーラー(大規模太陽光)発電事業の計画を発表した。設置規模は出力約2MW。一般家庭用太陽光発電設備(3.3kW)の600戸分に相当する施設で、年間発電電力量は約180万kWhを見込む。計画地は愛川町半原「元総合グラウンド半原荘」で、面積は約32000平方メートル。平成24年度に太陽光発電設備の設置を行い、平成25年夏頃、本格的な運転を開始する予定。

本事業は、県営電気事業を経営している企業庁の「創エネ」の取組の一環として、再生可能エネルギーによる電力供給量の拡大を図ることを目的に実施する。計画地に隣接する宮ヶ瀬ダムの「水とエネルギー館」や水力発電を行っている愛川第1、第2発電所と併せて、再生可能エネルギーの普及啓発と、地域のマグネット力(吸引力)向上につなげる考えだ。

愛川町では、愛川第1、第2発電所、中津配水池小水力発電設備と、本メガソーラー事業を合わせた県企業庁施設の再生可能エネルギーでの年間発電電力量は、7457万4000kWhと試算している。これは年間で約21500世帯分の電力使用量に相当する。

同県では新たなエネルギー政策である「かながわスマートエネルギー構想」を推進するため、平成24年度から県有地を活用し、モデル事業としてメガソーラーを整備することを計画している。本事業は、地元説明などの調整がおおむね整ったため、今回の発表となった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.