> > 三井不動産レジデンシャルなど、新築マンションの非常用電源に日産「リーフ」を活用

三井不動産レジデンシャルなど、新築マンションの非常用電源に日産「リーフ」を活用

記事を保存

三井不動産レジデンシャルと日産自動車、宅配ロッカー最大手のフルタイムシステムは共同で、災害時における非常用電源として、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の駆動用バッテリーからマンションの共用部に電力を供給するシステムを初導入すると発表した。本システムでは、日産カーレンタルソリューションが運営する、EVカーシェアリングで使用する「リーフ」を活用する。

三井不動産レジデンシャルは、本システムを今後、EVカーシェアリングの採用が予定されている「パークシティ南浦和」(埼玉県さいたま市)をはじめとする首都圏の物件を中心に順次導入していく計画だ。また、本システムは、フルタイムシステムが三井不動産レジデンシャル、日産自動車の協力のもと開発し、平成24年9月下旬を目途に商品化する予定。

「リーフ」の特徴は、大容量24kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載していること。本システムでは、EV充給電機を導入することで、外部からの電力供給がない状況でも「リーフ」からの電力供給により、ワンセグテレビやラジオ、スタンド照明の利用や、1日20機程度の携帯電話の充電を最大10日間行うことができる。

今回、分譲マンションとして初めて導入するのは、三井不動産レジデンシャルが分譲中の「パークホームズ大倉山」(神奈川県横浜市)。本物件は、共用部に太陽光発電20kWと蓄電池30kWhを搭載し、防災用備品として発電機等も備えており、非常時には自立運転により一部共用部の電力供給を想定しているが、今回、更なる非常時の対応として、本システムを導入する。マンションの集会室を災害時の防災拠点である「サポートステーション」と想定し、非常時には、「リーフ」のバッテリーから充給電機を経由して「サポートステーション」の非常用コンセントに電力を供給する。

日産自動車は、「リーフ」の蓄電能力を生かし、一般住宅への電力供給を行うシステムを平成23年8月に発表した。以来、一般導入に向けた検討を幅広いパートナーと連携して進めており、今回、本システムを導入することとなった。日産カーレンタルソリューションは、今後は、カーシェアリング用EVを活用したマンションへの電力供給システム事業についても、積極的に参画していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.