> > 神戸製鋼、少量の未利用蒸気活用で大幅省エネ、小型蒸気圧縮機を発売

神戸製鋼、少量の未利用蒸気活用で大幅省エネ、小型蒸気圧縮機を発売

記事を保存

神戸製鋼所は、蒸気関連省エネ機器「スチームスターシリーズ」に、少量の未利用蒸気に対応したスクリュ式小型蒸気圧縮機「MSRC37L」をラインナップした。本製品は、9月に発売した「MSRC160L」に続き、更に少量の未利用蒸気に対応する製品として発売。従来機が1ton/hr前後の蒸気に対応するのに対して、新製品は300kg/hr未満の蒸気に対応できる。2015年度には2機種合計で年間180台の販売を目指す。

ユーザーの蒸気条件や電力単価、稼働時間等によって条件は異なるが、「MSRC37L」を導入する前後のボイラ燃料費を比較すると、年間6%、約590万円を削減できると試算している。「MSRC37L」の本体参考価格は850万円。早ければ3年未満での投資回収が可能だという。また、CO2排出量は年間160トンの削減を見込む。

「スチームスター」は未利用蒸気エネルギーを有効活用することで省エネを実現する、蒸気関連省エネ機器シリーズ。小型蒸気圧縮機「MSRC」は、これまで利用されていなかったフラッシュ蒸気を圧縮して圧力を高め、利用可能な蒸気へ再生する圧縮機。再昇圧した蒸気を元の蒸気ラインへ再投入することでリサイクルし、大幅な省エネとコストダウンを実現する。また、汎用商品として開発・設計・製造されており、必要な部品はすべてひとつのユニットカバー内に収納されている。これまでも大量のフラッシュ蒸気を遠心式圧縮機で効果的に再生する機器は多数製品化されているが、1ton/hr以下の少量のフラッシュ蒸気を高効率で再生できる汎用商品としては、「MSRC」が業界初となる。

現在までに、ゴム業界や電子業界等向けなど数件の成約があり、今回小型機種を投入することで、より小規模な蒸気ユーザーへの対応を可能とした。

フラッシュ蒸気とは、蒸気を高温水に変え、ボイラに給水するために圧力を下げる過程で、一部再蒸発した蒸気のことをいう。通常の蒸気と比べると圧力は低いが、温水と比べると6倍以上のエネルギーを有している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.