> > 三菱樹脂、自動車向けリチウムイオン電池用セパレータ事業に参入

三菱樹脂、自動車向けリチウムイオン電池用セパレータ事業に参入

記事を保存

三菱樹脂は、自動車用リチウムイオン電池向けに、コスト競争力のある高耐熱セパレータを開発したと発表した。今後、三菱化学と連携しながら、自動車用リチウムイオン電池メーカーによる品質評価を経て、2012年に発売し、2013年度から本格量産化を行う予定。セパレータ全体で2015年度に7200万㎡の販売を目指す。

セパレータは、正極と負極の間に介在する多孔質フィルムで、リチウムイオン電池の主要部材のひとつ。リチウムイオンを適度に透過させ、両極の接触によるショートを防止するなどの役割を担う。セパレータ市場では、2010年度から自動車向けの需要が拡大しており、同社では2015年度には自動車向けが市場全体の約4割を占めると予測する。そこで、今回、将来的に需要拡大が見込める自動車用リチウムイオン電池市場をターゲットに、セパレータ事業に参入する。

同社が開発した高耐熱セパレータは、同社のセパレータに、独自の耐熱コートを行った製品で、200℃以上の耐熱性を持ち、電池内部の短絡を防止する機能を有する。また、長年培ったコーティング剤の開発力とコーティングプロセス技術により、市場に流通している耐熱セパレータ(湿式法)より高いコスト競争力を実現した。

セパレータの製造方法は、湿式製法と乾式製法とに大別されるが、自動車向けには、コスト競争力があり、電池の出力向上に適した乾式製法によるセパレータが主流となるとみられている。また、電気自動車の普及に向けて、さらなる安全性を確保するための高耐熱でコスト競争力があるセパレータの開発が求められている。

三菱ケミカルホールディングスでは、リチウムイオン電池部材事業の主要4部材を成長事業と位置づけている。同社は、リチウムイオン電池用部材の製造・販売を手がける三菱化学と連携しながら、独自の乾式法のリチウムイオン二次電池用セパレータ「セパレント®」を2009年に開発。「セパレントR」は、乾式法でありながら湿式法に近い孔構造を有し、低温出力、サイクル寿命等の諸電池特性を併せ持つ。2011年から国内外数社への本格販売を開始し、今後さらなる需要が見込めることから、現在、新たな生産ラインを増設している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.