大和ハウス、環境配慮型オフィスでCO2排出量50%を目指す実証実験を開始

  • 印刷
  • 共有

大和ハウス工業は、独自の環境配慮技術によりCO2排出量50%以上の削減を目指す実証実験を愛知県にある自社ビル「大和ハウス愛知北ビル」で12月19日より開始する。

実証実験では、従業員が入居、運用しながら、1年間かけて環境配慮技術の効果検証を実施。得られたデータをもとに、次世代オフィスの開発に活用し、今後販売する建築物に技術を導入するとともに、同ビル事務所をショールームとしても活用していく。オフィスでのCO2削減が進むなか、次世代オフィスの先進モデルとしての効果が期待される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報