> > 東京ガスなど、家庭用燃料電池「エネファーム」用の停電対応システム販売へ

東京ガスなど、家庭用燃料電池「エネファーム」用の停電対応システム販売へ

記事を保存

東京ガスと正興電機は、家庭用燃料電池「エネファーム」の運転を停電時にも継続することができる停電対応システムを共同開発した。同システムは東京ガスにより2012年2月から販売される予定。

エネファームは、都市ガスを燃料に発電と排熱利用を行う住宅用のガスコージェネレーションシステム。運転には、起動時に水を循環させるポンプや燃料ガスを制御するブロワなどを動かすため、電力を必要とすることに加え、発電は常に系統電力の電圧や周波数を基準に行うため、系統電力の供給を受ける必要がある。そのため、停電などにより系統電力が供給停止となった場合、エネファームは自動的に運転停止する仕組みになっている。

今回開発されたシステムは、東京ガスと正興電機が共同で開発した蓄電池をエネファームに併設したもの。通常運転時には、系統電力から蓄電池に電気を貯めておき、停電などにより系統電力が供給停止となった場合には、蓄電池に貯めた電気を系統電力に代わって供給することで、エネファームの運転を継続することができる。これにより、照明、冷蔵庫、テレビなど、非常時に最低限必要となる電気を約24時間供給することが可能という。

また、同システムでは、通常時は深夜など電力消費の少ない時間帯に充電し、日中の電力消費の多い時間帯に放電することにより電力ピークカットに貢献することもできる。

同システムの蓄電池は、オプションでエネファームに外付けで設置する。新築時に加えて、すでに設置されているエネファームに後付けすることも可能。

希望小売価格は、1680000円(税込、設置工事費別)で、販売・施工・メンテナンスはオール東京ガスが行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.