> > 八丈島で風力発電を活用したEVレンタカー事業がスタート

八丈島で風力発電を活用したEVレンタカー事業がスタート

記事を保存

JTBグループのJTB法人東京は、八丈島で風力発電を活用した電気自動車(EV)レンタカーの実証実験を開始する。11月2日より100%風力発電のみで走るEVレンタカーを稼働させる。

八丈島では、八丈町とNPO法人八丈島産業育成会が、「電気自動車を活用した自然エネルギーによる八丈島クリーンアイランド構想」を推進している。本事業は、同社が、自然エネルギーとEVの導入拡大、ならびに環境と観光を組み合わせた街づくりを検証するための実証実験を受託して実施するもの。期間は2011年11月から2012年3月末まで。本事業での検討をもとに、次年度以降、自然エネルギーによるEVレンタカーを活用した観光まちづくり事業の本格稼動を目指す。

同社では、実験に向けて今夏よりEVの主電力である風力発電機の設置、EVレンタカーの導入・運営、充電施設の設置・運営を進めてきた。11月12日からはEV試乗とアンケート調査を目的としたモニターツアーを実施する。アンケートをもとに、EVレンタカーや電動アシスト自転車など、環境にやさしい交通手段を活用した、新たな環境観光ツアーの企画開発を行う。また、地元住民に向けのEV試乗イベントの開催等を通して、地域における環境意識の向上も図る。

八丈島は、クリーンエネルギーのモデル島を目指しており、島内における最大電力需要の約3分の1を地熱発電と風力発電による自然エネルギーで賄う。本事業では、自然エネルギー発電力を活用し、地球温暖化対策を促進するとともに、島の中心産業のひとつである観光サービス業と結び付け、観光客の誘致と域雇用の拡大により地域活性化を図るのが目的。

自然エネルギーの活用は、地球温暖化対策や東日本大震災により注目が高まっている。同社では、EVレンタカーを活用した環境観光まちづくり事業を展開しており、本事業を手始めに、地域ならではの自然エネルギーを活用した環境観光まちづくりを推進していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.