> > パナ電工、産業用蓄電システムを発売、太陽光発電とセットで学校などに提案

パナ電工、産業用蓄電システムを発売、太陽光発電とセットで学校などに提案

記事を保存

パナソニック電工は、系統電源と太陽電池の双方からの充電が可能で、災害などの停電時も継続的に電力を供給することができる、公共・産業用リチウムイオン蓄電システム(蓄電容量15kWh)を発売する。災害時に避難所となる学校や公共施設などを対象に、太陽光発電システムと本蓄電システムを合わせた設置を提案する営業活動を強化し、拡販を図る。

本蓄電システムは12月15日から受注を開始、受注生産品により2012年2月15日から出荷を開始する予定。希望小売価格(税込)は808万5000円。2012年度は500台の売り上げを見込む。

本蓄電システムの特徴は、系統電源だけでなく、太陽電池からの充電が可能な仕様となっていること。各接続機器への電源供給(停電時・平常時)を太陽電池・蓄電池・系統電源で行うとともに、これらを接続機器の状況に合わせて最適マネジメントを実施する。

具体的には、蓄電システムの最適充放電制御により、停電時や夜間など太陽光発電で賄えない時間帯の電力は蓄電システムから供給、平常時には、蓄電システムに割安な深夜電力を蓄え、昼間に放電する。これらの制御により、長期の電源確保と最大電力需要時における系統電力量を抑制(ピークシフト)を実現する。また、三相200V、単相100V/200Vのマルチ出力機能を備え、照明や扇風機、携帯電話、ノートパソコン、防災無線などさまざまな機器に使用ができる。

東日本震災後、電力需給が不安視される中、特に災害時、避難所となる学校や公共施設などでは、停電時の電源確保が必要とされている。また、継続的に電源供給が可能な太陽光発電と連系する蓄電システムへの要望が高まっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.