> > トヨタ、さいたま市と「E-KIZUNAProject協定」を締結

トヨタ、さいたま市と「E-KIZUNAProject協定」を締結

記事を保存

トヨタ自動車は、さいたま市が進める「E-KIZUNAProject」を共同で推進していくことに合意し、「E-KIZUNAProject協定」を締結した。

「E-KIZUNAProject」は、持続可能な低炭素社会の実現を目指して、さいたま市が民間企業などとの連携によって推進している電気自動車(EV)等の次世代自動車の普及施策。同社とさいたま市は、多様なエネルギーを活用した低炭素で災害に強い「環境未来都市」を創造し、燃料電池自動車(FCV)など次世代自動車の活用並びにインフラ構築等環境整備による安心・安全かつ快適な社会システムの創造に取り組んでいく。

具体的には、充電・充填セーフティネットの構築、需要創出とインセンティブの付与、地域密着型の普及・啓発活動を行う。

充電・充填セーフティネットの構築については、誰もが使いやすい充電セーフティネットの構築、FCV普及に向けた水素充填インフラ整備の検討、FCV等次世代自動車の積極的供給による先導、エネルギー供給施設に関するユーザ向け情報提供の検討・推進などを実施。

需要創出とインセンティブの付与については、FCV等次世代自動車の電源供給機能としての活用に向けた取り組み、公共・公用車両に対するFCV等次世代自動車の先行導入の推進、ニーズに応じた多様な移動・輸送車両の検討・開発などを実施。

地域密着型の普及・啓発活動については、FCV等次世代自動車を活用した共同利用の検討、学校におけるEV・FCV等次世代自動車教室、EV・FCV等次世代自動車を用いた試乗会の開催などを実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.