> > 国内初、HEMSを核に「家と車のエネルギー連携システム」が登場

国内初、HEMSを核に「家と車のエネルギー連携システム」が登場

記事を保存

トヨタホームは、「家と車のエネルギー連携システム」を実用化し、近く販売を開始する新商品に搭載すると発表した。

同社は、今回、スマートハウス実現の中核技術となり、「VehicletoHome」(車から家への給電)の先駆けとなる技術として、1.ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)、2.家庭用蓄電池、3.EV・PHV充電器、4.非常時給電システムを開発した。

HEMSを中核に「車との充電連携」と「車・家庭用蓄電池からの非常時給電」など、車両との連携システムを実用化したのは国内初。これらの機器・システムは、家と車のCO2削減のほか、電力のピークシフトをはじめとする「節電」にも役立ち、非常時に「安全・安心」をもたらす技術と注目されている。

HEMSおよび家庭用蓄電池は、デンソー、ミサワホーム、新神戸電機と、充電器は豊田自動織機、日東工業と共同で開発した。

HEMSは、太陽光発電、エコキュート、蓄電池といった家庭内のエネルギー機器と、EV・PHVをつなぎ、"見える化"や"制御"により、エネルギーとCO2削減に寄与する。HEMSは「次世代エネルギー社会システム実証事業」を活用して今後さらに進化させていく予定だ。

家庭用蓄電池はHEMSとの連携により、深夜に充電して昼間のピーク時の系統電力消費を抑制したり、時間帯別電灯契約の場合は安価な深夜電力を充電したりすることで、ピークシフトや電気料金の抑制に利用できる。また、非常時給電システムと組み合わせて、停電時にリビングなど特定の部屋の照明器具・コンセントなど最低限の作動が可能となる。なお、電池容量は8.4kWhで、使用時の蓄電量は5kWh。

充電器はHEMSと連携し、過度の電力消費を抑制するピークカット機能、タイマー充電のほか、太陽光が発電している時の優先充電機能などの「充電制御」を搭載。また、充電ケーブル一体型により、機能とデザインを両立させた。

非常時給電システムは、災害などによる停電時でも生活に最低限必要な電力を外部電源から家庭内に送ることができる電力供給システム。家庭用蓄電池や、トヨタのエスティマハイブリッドをはじめ、今後拡大するAC100Vを供給可能なハイブリッド車などの外部電源からの電力で、住宅内の機器を作動させることができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.