> > 東京ガス、平沼ビルの建替で中規模ビルの省CO2モデルを導入

東京ガス、平沼ビルの建替で中規模ビルの省CO2モデルを導入

記事を保存

東京ガスは、同社平沼ビル(横浜市西区)を省エネのモデルビルに建替えると発表した。同ビルでは、2棟の事務所ビルを統合し、地上5階建、約7200m2の中規模事務所ビルへの建替を実施する。着工は2012年2月、竣工は2013年3月の予定。

建替にあたっては、太陽熱とコージェネ廃熱が利用できるソーラーナチュラルチラー(太陽熱利用ガス吸収冷温水機)を使った空調システム等を導入し、CO2排出量を削減する。

従来のナチュラルチラー(ガス吸収冷温水機)だけを用いた一般的な空調システムと比較して、空調によるCO2排出量を約34%削減できると試算している。また、ガスコージェネレーションシステムやガス空調の導入効果によって、従来型の電気熱源のビルと比べてピーク電力を約61%削減できる見込み。

同社では、2010年度、同グループが所有するビルの建替計画の指針として、省エネ、耐震安全性、長寿命化等を考慮した「設計ガイドライン」を作成した。本件はこの「設計ガイドライン」に基づいた最初の建替になる。

今後、同グループが所有する中規模ビルで建替を実施する際には、本件で導入した技術を積極的に水平展開していく。また、中規模ビルで、更新時期を迎えた吸収冷温水機を使用している顧客に、本件で採用した技術の導入を提案し、合計約10万トンのCO2排出量削減を目指す考えだ。

なお、本改修事業は国土交通省の「住宅・建築物省CO2先導事業」に採択されている。これは、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを公募によって募り、整備費等の一部を補助する事業で、事業期間は2011年度から2013年度まで。建築主は東京ガス都市開発、設計は松田平田設計、施工は大林組が実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.