> > 電力ピーク場所別に予測できる監視装置

電力ピーク場所別に予測できる監視装置

記事を保存

オムロンは、ピーク電力のカットを実行するため、事業所内の各エリアに分配された電力に対し、業界で初めて個別に6か所までピーク電力の予測監視が可能な「マルチピーク電力監視装置」を11月初旬より販売する。価格は18万6000円。3年間で5000台の販売を目指す。

今夏の節電において、エネルギー管理指定工場では、主に、コジェネレーション稼働による発電、土日を含めた生産シフト、工場間の輪番操業などによって対応していたが、費用や業務面での負担が大きいのが難点だった。また、全体の電力に対するピーク電力の予測監視を行うデマンド監視装置を導入しても、リアルタイムでエリアごとの電力発生状況を把握しづらく、節電が難しい状況だった。

このような課題を踏まえ、マルチピーク電力監視装置は、工場や建物ですでに設置済みのデマンド監視装置(1次側計測)によるピーク電力のカットとは別に、事業所内の各エリアに分配された電力(2次側計測)に対し、最大6か所まで個別にピーク電力の予測監視をする業界初の機能を搭載。また、Webサーバを内蔵しているため、社内LANを通じて各エリアの1日のピーク電力の推移を表示することで、それぞれの状況をシェアすることができるという。

さらに、各エリアでピーク電力を超えそうな場合、従来のデマンド監視装置と同様に、メールや警報装置で各エリアの節電担当者に通知することも可能。これにより1次側計測のみでは実現が困難だったピーク電力のカットを、各エリア単位で実施していくことで、事業所内全体のピーク電力のカットが可能になるという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.