> > 伊藤忠、米国でリチウムイオン電池用部材製造事業に参画

伊藤忠、米国でリチウムイオン電池用部材製造事業に参画

記事を保存

伊藤忠商事は、2010年6月に出資した米国シンボルマテリアルズ社(シンボル)を通じ、リチウムイオン電池(LiB)用の高純度炭酸リチウム製造事業に参画すると発表した。シンボルでは2011年10月より量産を開始し、年産約500トンの高純度炭酸リチウムを製造する予定。
シンボルは、将来にわたり、一貫工程で原料から高純度炭酸リチウムを製造できる世界で唯一のメーカーとなる。今後のLiBの市場拡大を見据え、2012年末には現在の生産能力の4倍となる年産2000トンまで引き上げる計画で、自社の競争力のある原料を活用することで、高純度炭酸リチウム市場におけるシェア拡大を図る。

LiBは、電気自動車向けや定置用蓄電池など、今後、クリーンエネルギー分野での需要拡大が期待されている。高純度炭酸リチウムは、LiBの主要部材である電解液に使用される電解質(LiPF6)の原料となるものだが、安定的に製造、供給出来るメーカーは世界でも限られている。

シンボルは、リチウムが豊富に含まれるカリフォルニア州南部の地熱発電所のかん水を利用する世界初のリチウム化合物製造事業。このリチウムを工業的に抽出することで、世界で最も競争力のあるリチウム化合物を生産する技術開発に成功している。また、地熱かん水に含まれる炭酸ガスや地熱かん水の持つ熱源を利用する等、地熱かん水が持つ特長を活用することで、より競争力のあるリチウム化合物を、二酸化炭素排出を抑えて生産することができる。

伊藤忠商事は、成長分野であるリチウムイオン電池関連ビジネスに注力し、部材生産の分野での事業展開を図っている。2010年6月、シンボルの生産するリチウム化合物の販売について、日中韓を含めたアジア向け総販売代理店権を獲得。2011年6月には独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)による融資を受けており、今後も高純度炭酸リチウムを含むリチウム化合物の製造と、日本を中心とした需要家向けに販売していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.