> > ヒートポンプ・蓄熱システムの多国間ネットワークが設立

ヒートポンプ・蓄熱システムの多国間ネットワークが設立

記事を保存

ヒートポンプ蓄熱センターは、ピーク電力抑制、省エネルギー、CO2削減に向けて、アジア初のヒートポンプ・蓄熱技術の多国間ネットワーク「アジア・ヒートポンプ・蓄熱技術ネットワーク」を設立した。
アジアでは、冷房用電力需要によって長年電力不足状態が続いている。ヒートポンプ・蓄熱システムは、昼間冷房による使用電力を大幅に削減でき、ピークの電力抑制に非常に有効なうえ、省エネ、CO2削減効果も得られる。

同システムの一層の普及、発展のため、日本の呼びかけにより、日本、中国、インド、韓国、ベトナムのヒートポンプ関係者が集まり同ネットワークを設立した。

主な活動内容は、アジア・ヒートポンプ・ニュースレターの発行、普及に向けた課題の把握と解決、最新技術・市場動向等の情報共有、冷媒管理も含めた技術的課題の整理と対策等。将来的には技術交流会、共同プロジェクトやイベントの共催等の活動も展開する予定。

また、今後は今回の他のアジア各国にもネットワーク参加を呼びかけ、参加国を増やしていきたい考えだという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.