> > 業界初、HEMS制御の家庭用蓄電池搭載スマートハウス登場

業界初、HEMS制御の家庭用蓄電池搭載スマートハウス登場

記事を保存

大和ハウス工業は、10月1日、家庭用リチウムイオン蓄電池、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)、太陽光発電システムを搭載したスマートハウス第一弾「スマ・エコオリジナル」を発売する。

本スマートハウスでは、この3つのシステムを組み合わせることで、エネルギー使用量を削減するとともに、非常時の安心を提供。また、「iPadR2」をモニターに採用し、HEMSによる業界初の蓄電池制御と電力情報の「見える化」を実現した。

同社では、2010年7月より、国内初となる家庭用リチウムイオン蓄電池を搭載した住宅展示場「SMA×EcoHOUSE(スマ・エコハウス)」での実証実験を全国3ヵ所で行っている。今回、発売するスマートハウスは、実証実験で得られたノウハウを活かし、戸建住宅「xevo」に2.5kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池、独自開発の「D-HEMS」、太陽光発電システムを組み合わせた。

これにより、無理な節電をすることなく、モデルケースでは、旧省エネ基準による住宅と比べ、エネルギー使用量を78%削減、CO2排出量を70%削減する。また、昼間は、太陽光発電システムの余剰電力を売電し、夜間に購入単価が安い深夜電力を蓄電することで、旧省エネ基準住宅では年間25万3350円となる光熱費が、26万8550円削減(▲106%)できるため、年間光熱費が差引で得になる。

本スマートハウスでは、業界で初めて、家庭用リチウムイオン蓄電池を制御できる「D-HEMS」を搭載し、経済メリットが出るようコントロールする。また、停電時は、自動的に蓄電池からの放電モードに切り替わり、非常用電源として電力を供給するように制御する。さらに、「iPadR2」を採用し、手軽にエネルギー利用状況の確認(見える化)できるようにしたことで、家庭での自発的な節電行為の効果として、年間約10%のエネルギー使用量の削減を見込む。家庭用リチウムイオン蓄電池には、この8月、世界的な第三者認証機関であるテュフラインランドジャパン社の認証を世界で初めて取得したエリーパワー製電池セルを採用した。

「スマ・エコオリジナル」仕様への変更差額(税込)は、家庭用リチウムイオン蓄電池が162万1200円、D-HEMS(iPadR2含む)が27万9300円、太陽光発電システム(3.5kW)が57万7500円/kWで、合計392万1750円。2012年3月末までに300台の売り上げを見込む。2011年10月1日~11月30日までの期間は、モニターを対象に、建物価格より163万8000円(税込)減額したモニター価格にて販売する。

今後は、ホームサーバーに接続できる機器を、エアコンやエコキュート、エネファームなどの家電・設備機器にも広げ、蓄電池の系統連系も含めたエネルギーの最適制御システムに拡張していく。また、家庭内の家電・設備機器の情報を活用した周辺サービスを拡充するため、様々な企業とのコラボレーションを推進していく予定だ。

同社では、2010年7月、生活の質を向上させながら、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(CO2排出量をゼロ、光熱費をゼロ)となるエネルギー自給住宅に進化させるためのプロジェクト「SmartxevoEcoProject(スマート・ジーヴォ・エコ・プロジェクト)」をスタート。その第一ステップとして、「SMA×EcoHOUSE」での実証実験を実施展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.