> > ソーラーフロンティア、インドとCIS薄膜太陽電池の供給契約を締結

ソーラーフロンティア、インドとCIS薄膜太陽電池の供給契約を締結

記事を保存

昭和シェル石油の100%子会社であるソーラーフロンティアは、インド政府による「国家太陽光ミッション」及び「グジャラート州計画」における複数の太陽光発電プロジェクトを対象に、2011年末までに30メガワットを超えるCIS薄膜太陽電池の供給契約を締結した。

同社のCIS薄膜太陽電は、高いエネルギー変換効率と低い温度係数が特長。特に温度係数が結晶シリコン系太陽電池よりも低いため、高成長を続けるサンベルト地帯の高温な環境における発電性能の高さが期待されている。

今回は、インドと類似する高温のタイで、同社製CIS薄膜太陽電池が優れたパフォーマンスを発揮していることが契約につながったという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.