> > 発光効率100lm/Wの低価格LEDが登場

発光効率100lm/Wの低価格LEDが登場

記事を保存

アイリスオーヤマは「ECOLUXHE」「ECOLUXセンサー」など新たなLEDシリーズを9月14日に発表した。
ECOLUXHEは、蛍光灯と同じ形状の直管形タイプのLEDで、100lm/Wの高い発光効率と、2000lmで12500円という低価格を実現したのが特長。ECOLUXセンサーは、人感センサー付LED電球の進化形商品で、周囲の明るさをセンサーが感知して自動的に調光できるのが特長。

同社は、今後2011年度中に、LED照明の新商品を1021アイテム追加し、従来の約6倍となる1218アイテムの品揃えとして、LED照明の総合メーカーベンダーを目指す。

ECOLUXHE(40形)のランプ光束は3300lm、2500lm、2000lm、1500lmの4バージョン。色温度、演色性等にもバリエーションが加わり、昼白色と白色の2種類から選べる。

2000lmは12500円で、従来の14500円と比較すると2000円安価になった。これにより、オフィスの場合、年間稼働期間を260日で計算すると、従来の投資回収年数は7~8年が当たり前だったが、同製品では2~3年は短くなると試算されている。

ECOLUXセンサーは、窓際や周囲が明るいところは、センサーが感知して照明を落とし、反対に、光が入りにくい奥のスペースは明るく照らす機能がある。従来の明るさ対応の照明は室内全体を調光するものだったが、同製品は、直管形2本セットでそれぞれ個別に明るさをコントロールできるのが特長。

従来の蛍光灯(ラピッド)に比べ、消費電力は、ECOLUXHEのみで53.2%削減、さらにECOLUXセンサーで15.2%削減、あわせて68.4パーセントの削減ができるという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.