> > 東芝、モジュール変換効率世界最高19.3%の住宅用太陽光発電システム発売

東芝、モジュール変換効率世界最高19.3%の住宅用太陽光発電システム発売

記事を保存

東芝は、住宅用太陽電池として世界最高となる最大セル変換効率22.6%、最大モジュール変換効率19.3%を実現した「住宅用太陽電池モジュール240W」を採用した太陽光発電システムを9月13日より発売する。

価格は、税込み176400円。今後、パワーコンディショナなど住宅用太陽光発電システムを構成する機器のラインアップも拡大することで、住宅用太陽光発電システムの拡販を図り、2012年度には国内シェア10%を目指す。

モジュールには米サンパワー社製を採用。光の当る面積を最大化した「単結晶バックコンタクト方式」に、新たに反射による光の損失を減らす「反射低減コート付き強化ガラス」と、従来品に比べ受光面積が約3%拡大した直径160mmのセルを採用することで、モジュール変換効率19.3%、出力240Wを実現した。

面積あたりの発電量が多いことから、設置面積の省スペース化が図れ、同じ面積の屋根に設置した場合、一般的な発電効率の太陽電池モジュールに比べ年間約40%も多い発電量が得られる。そのため、住宅用太陽光発電の余剰電力買取制度を活用すれば、より多くの光熱費を削減することも可能。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.