東芝、モジュール変換効率世界最高19.3%の住宅用太陽光発電システム発売

  • 印刷
  • 共有

東芝は、住宅用太陽電池として世界最高となる最大セル変換効率22.6%、最大モジュール変換効率19.3%を実現した「住宅用太陽電池モジュール240W」を採用した太陽光発電システムを9月13日より発売する。

価格は、税込み176400円。今後、パワーコンディショナなど住宅用太陽光発電システムを構成する機器のラインアップも拡大することで、住宅用太陽光発電システムの拡販を図り、2012年度には国内シェア10%を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事