> > LEDパッケージ世界市場、2020年には10年比56%増に拡大

LEDパッケージ世界市場、2020年には10年比56%増に拡大

記事を保存

富士経済は、LED、有機EL、特殊光源、一般照明などの光源・照明市場と参入企業100社の動向についての調査した結果を発表した。

これによると、2020年の世界市場は、光源のLED化が進み、堅調に拡大するLEDパッケージは2010年比56%増の1兆5040億円になる見通し。また、2011年に出荷が本格化する照明用有機EL光源は3450億円になると予測する。

LED(白色、単色、赤外光、紫外光)パッケージの世界市場は、2010年が前年比169.4%の9660億円。電熱/放電ランプの低出力用途からLED化が進み、液晶バックライトの主光源のほか、一般照明分野や自動車外装ランプなどとしても採用が進んでいる。特に国内では、節電ニーズの高まりが、LED管球ランプやLED照明器具の需要拡大につながっている。

照明用有機EL光源市場は、2010年はサンプル出荷が中心であったが、Lumiotec(山形県米沢市)が2011年は1月から量産を開始した。出荷の本格化に伴い、照明器具市場も形成されると予想される。しかし、市場形成初期は光源の発光効率やコストの面から演出・装飾照明向けで、一般照明への採用には時間を要する見通し。ただ、その高い市場ポテンシャルを期待して参入・注力するメーカーは増加している。光源には主に発光効率の向上及び長寿命の実現、低価格化の課題を有し、照明器具としては面発光という特徴を活かした照明設計や用途の開拓が求められている。

LED事業規模ランキング(2010年)では、トップが日亜化学工業、2位はOSRAMOptoSemiconductorsで、事業規模は1000億円以上。上位企業は、台湾、韓国、日系のLEDチップ及びパッケージを主力事業とするLEDメーカーが中心となっている。近年は台湾、韓国、中国のLEDメーカーが好調に事業規模を拡大している。上位LEDメーカーと同様に、主力製品はGaN系LEDチップまたは白色LEDパッケージだが、LEDモジュールやLED照明器具などの川下側の事業拡大に注力する動きが見られる。

有機EL関連主要企業の動向は、2011年からの出荷の本格化に伴い、川上(材料)から川中(光源)、川下(アプリケーション)まで、事業に強みを持つメーカー同士のアライアンスの強化が活発化。材料メーカーと光源メーカーの提携では、コニカミノルタホールディングスとKoninklijkePhilipsElectronics、三菱化学と東北パイオニアの提携が代表例。光源メーカーとアプリケーションメーカーとの提携では、Lumiotecとオーガニックライティングの提携が代表例。また、出光興産とパナソニック電工の提携及び光源製造の合弁会社の設立は、材料から光源、アプリケーションまで総合的に展開する例である。

このほか、光源事業会社の買収などにより参入したカネカや住友化学などの材料メーカー、NECライティングなど自社で独自開発を進める照明メーカーもあり、今後市場の本格形成に伴い、参入企業の増加や企業間の新たな事業提携の動きは加速すると予測する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.