> > 国内初、国際基準準拠の「省エネ対策支援サービス」

国内初、国際基準準拠の「省エネ対策支援サービス」

記事を保存

アビームコンサルティングは、企業が取り組む省エネ対策の効果を見える化し、投資の効果をより迅速かつ正確に検証する「エネルギーパフォーマンス検証支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、国際パフォーマンス計測検証プロトコル(IPMVP)に準拠した国内初のサービス。検証分析ツールには海外において既に導入実績のある「CarbonScope(カーボンスコープ)」を使用する。

同サービスは、当該企業の過去のエネルギー使用量に加え、日々のエネルギー使用量に影響を与える気象条件や生産量などの外部条件をもとに、エネルギーの基準値を設定したうえで、実際のエネルギー使用量を日次で収集し、基準値との比較等を行うことで、省エネ対策効果の検証を支援するもの。

同サービスの使用により、1日単位、事業所単位等で改善に向けての対策を取ることが可能となる。また、従来難しかった企業の省エネ対策への投資対効果の検証を迅速かつ正確に実施することができるため、経営層における省エネ投資判断が容易になる。

同サービスの特徴は、以下の通り。

1、回帰分析によりエネルギー使用量の基準値を構築を支援することにより、省エネ対策による純粋な削減効果と目標達成状況を管理できる。

2.国際的な統一基準により検証することで、経営者の省エネ対策に対する投資判断が行いやすくなるとともに、現場での効率的な改善活動の実施が可能になる。また、全世界で統一基準での省エネ投資に対する検証が可能となるため、グローバル企業でも活用することができる。

3.検証分析ツール「CarbonScope」により、エリア別、事業所別、プロジェクト別などより細かな単位でデータを収集、参照できるため、目標値に届かない事業所の特定など問題の早期発見や進捗状況の把握が可能となる。PCやモバイル端末で使用状況を把握したり、目標値を超過している事業所に自動で警告メールを出すなど使い勝手がよく管理しやすいのも特長。

4.エネルギー使用量の「見える化」のために、すでにBEMS(BuildingandEnergyManagementSystem)や電力デマンド監視装置を導入している場合は、従来のデータを活用することもでき、新たなデータ計測装置などへの投資が不要となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.