> > オゾン層、徐々に回復傾向続くもHCFC増加―環境省が監視結果公表

オゾン層、徐々に回復傾向続くもHCFC増加―環境省が監視結果公表

記事を保存

環境省は、「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」に基づき、平成22年度におけるオゾン層の状況、オゾン層破壊物質等の大気中濃度等に関する監視結果を年次報告書として取りまとめて公表した。

オゾン層の状況について、成層圏のオゾン全量は、地球全体では1980年代から1990年代前半にかけて大きく減少。1990年代後半以降はほとんど変化がないか、わずかな増加がみられるものの、オゾン全量は、1979年を基準とすると現在も減少した状態が続いている。

南極オゾンホールは、1980年代から急激に拡大し、1990年代半ば以降では拡大傾向はみられなくなったものの、その後もほぼ毎年大規模に形成されている。2010年の南極オゾンホールの最大面積は1990年以降では3番目に小さかったが、オゾンホールの規模は年々変動が大きく、現時点でオゾンホールに縮小する兆しがあるとは判断できない。

オゾン層破壊物質等の大気中濃度については、オゾン層破壊物質としてモントリオール議定書及びオゾン層保護法に基づき生産等規制がなされているCFC(クロロフルオロカーボン)及びHCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)の大気中濃度は、北海道の観測地点である北半球中緯度域における観測結果では、CFCは緩やかな減少がみられる一方で、HCFCは急速に増加。また、オゾン層は破壊しないものの強力な温室効果ガスであるHFC(ハイドロフルオロカーボン)の大気中濃度の増加率は極めて大きい。

CFCの大気中寿命は非常に長いため、大気中濃度は極めて緩やかに減少し、HCFCの大気中濃度は引き続き増加するが、今後20~30年でピークに達し、その後減少すると予測されている。

なお、9月は「オゾン層保護対策推進月間」として、国や地方公共団体等においてオゾン層保護・フロン等対策に関する啓発活動を集中的に実施する。

オゾン層は太陽光からの有害な紫外線を吸収して地球上の生命を守っているが、フロン類はオゾン層を破壊し、なおかつ地球温暖化も促進してしまう化学物質。フロン類を大気中に放出しないための対策は、オゾン層保護のみならず地球温暖化防止のためにも重要である。

今月は、ポスターの掲示、パンフレットの配布、イベント、講演会の開催などによって、オゾン層保護の重要性やフロン類の適切な回収・破壊を呼びかけるさまざまな取り組みを実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.