> > パナソニック、シンガポール政府らと集合住宅におけるHEMSの実証試験開始

パナソニック、シンガポール政府らと集合住宅におけるHEMSの実証試験開始

記事を保存

パナソニックは、シンガポール共和国の3つの政府機関(住宅開発局、エネルギー市場監督庁、経済開発庁)と共同で、集合住宅のエネルギー効率の改善に向けた実証プロジェクトを開始する。

4者は、同国のプンゴルエコタウンの公営集合住宅において、今後2年間にわたり、創エネ・蓄エネ・エネルギーマネジメントを組み合わせたトータルエナジーソリューションの開発と実証試験を共同で推進することで合意した。

パナソニックは、本プロジェクトを足がかりに、シンガポール共和国におけるトータルエナジーソリューション事業を推進し、さらに、今後、本取り組みを東南アジア等、各国地域に展開していく考えだ。

本プロジェクトは2つの柱からなる。一つ目は、太陽光発電システムとリチウムイオン電池による集合住宅共用部でのエネルギーの地産地消の実現。集合住宅のルーフトップに、太陽光発電システムとリチウムイオン電池を設置し、創エネと蓄エネを推進する。また、リチウムイオン電池は、停電時における共用部の照明・エレベーター・上水用ポンプのバックアップ電源として活用する。

二つ目は、スマートメーターとHEMS(Home Energy Management System)等との連携により、電力系統の需要に応じて電力消費量をコントロールする、住宅向けデマンドレスポンスの実現。

具体的には、各住宅内に設置する、スマートメーター内の情報を表示する機器「IHD(In Home Display)」により、住宅内での電力、水道、ガスの使用量を見える化。創・蓄・省エネ機器を独自の連携技術により制御し、最適なエネルギー管理を行う機器「SEG(Smart Energy Gateway)」を介してスマートメーターとエアコン等の家電機器を連携させたデマンドレスポンスの実施。これらの実現に必要となる技術開発と実証試験に取り組む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.