> > 積水ハウス、スマートハウス構築・実用化に向けた取り組みを推進

積水ハウス、スマートハウス構築・実用化に向けた取り組みを推進

 印刷 記事を保存

積水ハウスは、総務省が主導する「スマート・ネットワークプロジェクト」において、環境配慮型住宅「グリーンファースト」仕様の「観環居」で実証実験を行った成果をもとに、新たな第2ステージとしての取り組みを開始すると発表した。同社は、本プロジェクトで、屋内の通信規格の標準化を目指す「住宅/EVネットワーク」グループに参画。「観環居」では、フェムトセル(小型携帯電話基地局)一体型ホームサーバーと住宅の情報を一元管理する家歴システムを利用して、住宅の快適性と長寿命化を図る実験を実施した。本実験成果として、各種センサーなどを利用した環境モニタリングシステムにより、快適性の向上に効果的な結果等を得ている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.