> > 日産、EV「リーフ」から一般住宅へ給電するシステムを2011年内販売

日産、EV「リーフ」から一般住宅へ給電するシステムを2011年内販売

記事を保存

日産自動車は、電気自動車(EV)「日産リーフ」に搭載している駆動用のリチウムイオンバッテリーから一般住宅へ電力供給するシステムを公開した。

本システムにより、「日産リーフ」の駆動用リチウムイオンバッテリーを家庭用の蓄電池として活用することが可能となる。同社は、早期にシステムの開発や系統電力との連携方法などについて検討を行い、開発・販売において幅広いパートナー企業と連携しながら、2011年度内の販売開始を目指す考えだ。

本バッテリーの蓄電能力は24kWhと大容量で、一般家庭の約2日分の日常使用電力を賄える。

夜間電力や再生可能エネルギーである太陽光で発電した電力を使って充電し、蓄えた電気を日中の電力需要が高まる時間帯に使用することにより、家庭への安定した電力供給やピークカットに役立てることができる。

また、東日本大震災後、関心が高まっている、停電時や電力が不足する時間帯などに備えた蓄電池としてのニーズにも応える。

本システムでは、一般住宅の分電盤に直接接続し、コネクターを日産リーフの急速充電ポートへつなぐことで、日産リーフに搭載している駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えた電気を住宅へ供給する。

また、急速充電コネクターは、グローバルに使用実績があり、汎用性や安全性、信頼性の高いCHAdeMO仕様を採用した。本システムは車両から電力を供給するだけではなく、車両への充電も行うことが可能で、電力供給プログラムへの対応により、現在の日産リーフでも使用できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.