> > 東京都、住宅用ガスコージェネレーションシステム補助受付を開始

東京都、住宅用ガスコージェネレーションシステム補助受付を開始

記事を保存

東京都は、東京都環境整備公社と連携し、住宅用ガスコージェネレーションシステムの補助事業の受付を7月29日から開始した。

これは、家庭の電力確保を目的に「家庭における創エネルギー機器等」の導入補助を行うことを策定した「電力対策緊急プログラム」に基づくもの。

主な補助対象要件は、都内に新規に設置されたガス発電給湯器及び燃料電池で、戸建・集合、個人・法人等を含む。補助金の単価は、100,000円/キロワット。

標準的なシステムの補助額は、ガス発電給湯器 発電出力1.0キロワットの場合、補助額 10万円、燃料電池 発電出力0.75キロワットの場合、補助額 7万5千円。

補助金の受付は、東京都環境整備公社 東京都地球温暖化防止活動推進センターで行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.