> > NEC、クラウド型HEMSの企業向け販売を開始

NEC、クラウド型HEMSの企業向け販売を開始

記事を保存

NECは、家庭内の電力利用量や電気料金を、クラウドを利用して「見える化」できるホームエネルギー・マネジメントシステム(HEMS)を、住宅メーカーや工務店など企業向けに、8月1日から販売を開始する。

本システムは、家庭に設置されている分電盤のブレーカーごとに電力センサーを取り付けることで、部屋単位の電力消費量をはじめ、太陽光発電システムの発電量、電力系統網からの買電量、同系統網への売電量などを、家庭にあるパソコンの画面上で見える化するもの。

本システムは、分電盤側に取り付け、各部屋や家電製品、太陽光発電システムなどの電力使用量等を測定する電力センサー(12個)、電力センサーの情報を集め、情報収集装置に通信する電力測定装置(1台)、電力測定装置からの情報をブロードバンドルータを通してデータサーバへ通信する情報収集装置(1台)で構成される。主な特長は以下の通り。

分電盤や家庭内で使用している家電製品の種類・メーカーを問わず、新築、既築、いずれの住宅にも設置することができる。当日分、日別、月別、年別の各電力利用量のほか、電力会社の季節や時間帯で変動する電気料金の情報をクラウド側で管理することで、利用者はより正確な料金を把握できるため、利用者の節電意識の向上につながる。

クラウドを利用し、利用量などのデータから統計管理、傾向分析を行うなど、利用者への様々なサービスの提供が可能。日本では電力需給逼迫を受け、昼間のピーク時の電力使用を抑えるピークシフト、太陽光発電の導入など、家庭でのエネルギー利用に対する関心が高まっている。同社では、こうしたニーズを受けて、本システムを商品化した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.