> > 東京スカイツリー併設の商業施設にCIS型薄膜太陽電池

東京スカイツリー併設の商業施設にCIS型薄膜太陽電池

記事を保存

ソーラーフロンティアは、東武エナジーサポートとの共同提案により、東京スカイツリータウンRに併設される商業施設「東京ソラマチR」の太陽光発電施設に、同社のCIS薄膜太陽電池が採用されたと発表した。

「東京ソラマチR」は、東武鉄道と東武タワースカイツリーが建設を進めている約300店の専門店からなる商業施設で、2012年5月22日の開業を予定している。

今回採用されたCIS薄膜太陽電池は、同施設の9Fルーバー部と8F屋上庭園部の2ヵ所に設置される。設備容量は約20kWで、太陽電池で発電した電気は施設内で使用する予定だ。

同施設では、国内最高レベルのDHC(地域冷暖房システム)や最新鋭の省エネ機器の導入等、地球温暖化への取り組みを集積・発信する計画で、太陽電池もその一環で導入される。

ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油の100%子会社で、独自のCIS薄膜太陽電池は、一部が影に覆われても安定した発電性能が損なわれないという経済効率の高さや、カドミウムや鉛を使用していないなど環境性能の高さを特長とする。

東武エナジーサポートは東武鉄道の100%子会社で、太陽光発電など再生可能エネルギーの導入に関するコンサルタントや事業開発を手がけている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.