> > ルネサスエレクトロニクス、LED制御回路の開発支援ツールを提供開始

ルネサスエレクトロニクス、LED制御回路の開発支援ツールを提供開始

記事を保存

ルネサスエレクトロニクスは、LED制御回路の複雑な設計を容易化する、LEDドライバIC開発支援ツールを開発し、様々な回路構成にあわせた6製品について、7月20日より提供する。

今回開発した製品は、LED電球等向けの高効率LEDドライバIC「R2A20134」を搭載し、LED制御回路の複雑な設計を容易化する、「R2A20134」用開発支援ツール「R2A20134EVB」。

LEDドライバICはLED電球内に搭載され、LEDのオンオフや調光を行うもので、「R2A20134」は、業界最高クラスの効率92%と力率(交流電力の効率において有効な電力の比率)0.94を実現し、システムの省電力化や低コスト化を図ることができる。

同社は、「R2A20134」を2010年12月に製品化し、2011年3月より量産している。今回、販売強化のため、この特長を活かした高効率の制御回路を実現可能とする「R2A20134」用開発支援ツール「R2A20134EVB」を開発した。

同社では、本開発支援ツールでのシステム設計サポートによる拡販を見込み、「R2A20134」の生産量を2014年には月産1000万個に高める計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.