> > 三洋電機ほか、世界初のハイブリッド自動車船を竣工予定

三洋電機ほか、世界初のハイブリッド自動車船を竣工予定

記事を保存

三洋電機、商船三井及び三菱重工業が、2010年1月より共同で研究開発を進めてきた、自然エネルギーを利用し、停泊中のゼロエミッションを目指した「ハイブリッド自動車船」の外観デザインと基本設計が決定した。

世界初の新造ハイブリッド自動車船として、2012年6月に三菱重工神戸造船所で竣工する予定。

本船は、3社が共同で開発した太陽光発電システムとリチウムイオン電池を組み合わせたハイブリッド電力給電システムを搭載。太陽光発電システムは、甲板上に可能な限り太陽光パネルを搭載し、船舶では世界最大規模の容量となる約160kWを確保した。

リチウムイオン電池は、実力値で約2.2MWhの電力量をもち、航海中に太陽光発電システムで発電した電力を蓄え、港内では蓄えた電力で船内の電力を全て賄う。これによりディーゼル発電機を完全停止し、港内停泊中ゼロエミッションを実現する。また、重量物であるリチウムイオン電池は船底に搭載し、船体の安定を保つための固定バラストとすることで、載貨台数に影響を及ぼさない設計とした。

本研究開発は、国土交通省の「船舶からのCO2削減技術開発事業」の補助対象事業として採択されており、また一般財団法人日本海事協会の「国際海運における温室効果ガス削減技術に関する研究開発」の共同研究テーマとして支援を受けて行われている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.